志望校の必要科目

国公立大学の医学部受験はセンター試験、個別試験、さらに面接、小論文などがあります。センター試験は5教科7科目、必須は英語、数学、社会、国語、理科です。数学、理科について2科目プラスされるため、5教科7科目となります。センター試験は一次試験とも呼ばれこの後に二次試験と呼ばれる個別試験があります。

二次試験は通常、数学、理科、英語の3科目中、1教科若しくは2教科受験します。大学によってはこの教科に国語がプラスされることもあります。つまり、非常に科目数が多いため、勉強も科目数を絞って行う事ができず、しかも医学部の場合、センター試験で9割以上解答することが必須ともいわれていますので、医学部が超難関といわれる所以ともなっています。

私学は一次試験で3教科、数学、英語、理科(2科目)を受験し、二次試験では面接、また小論文を書くという入試が一般的です。ただ私立大学の医学部では最近多くの大学がセンター試験を利用するようになっており、私立大学の医学部を目指す場合でも、センター試験がある大学の受験では国公立と同じように万遍なく各科目で点数を取る事が合格の決め手といわれています。

また私立大学の医学部は国公立大学の医学部受験の滑り止めとして利用されることもありますので、私立大学1本に絞って受験する受験生は1点でも多く点数を稼ぐことが必須となります。