科目別傾向を知る

医学部の入試は大学によって科目別でも入試傾向に違いがあります。受験が近くなってくるととにかく過去問題を多数解いておけといわれますが、過去問題を知る事は過去、志望校でどのような問題が出されているのか、その入試傾向を理解する事ができるからです。

大学によって出題傾向が異なるとはいえ、難問が多い、ということはどの大学も同じです。センター試験については回答率9割以上というレベルに持っていくことが必要となる事が知られていますが、自分の志望校についての入試傾向や出題については自ら過去問題などから理解したり、塾から得られる大学入試情報で知る以外ありません。

例えばある私立大学の医学部では、穴埋め問題が非常に多く過去問題が繰り返し利用されているという事もあるので、過去問を解くことが合格必須の手段となるといわれています。もちろんこのほか、論証についてなど非常に質の高い難問が出題されることが多いため、基礎学力を磨き自分で応用を解く力を養っておくことも重要となります。

どの学校も英語については重点が置かれていることも多く、医療時事について英語で読んで理解でき、その時事について自分の意見を英語の医療用語を利用しながら説明するという超難題も出題されますので、大学によって入試傾向の違いを理解しておくことはポイントをついた学習の為にも重要な要素となるのです。