国公立は難題が多い

私立大学の医学部もレベルが高いことは間違いありません。ただ受験という面についていうと、国公立医学部の受験ほど難解なものはないと考えておくべきです。国公立の試験ではセンター試験を一次試験、大学ごとの個別の試験を二次試験と呼びますが、センター試験ではほかの学部受験の受験生と共に基礎的な学力がどの程度あるのかが試験されます。このセンター試験でも、医学部受験生は9割以上の解答率がないと合格圏内に入らないといわれています。

センター試験では基本的な学力を試験するのですが、個別試験ではより専門的な試験となるため、難問が数多く出題されます。医学部の場合、将来医師、また医療分野の仕事に就くことが目標となるため、大学によってはかなり専門的で様々な知識を持っていないと解答できない問題が多数出題されます。

センター試験の受験対策としては、基礎的学力を向上させよりレベルを上げる勉強が必要となりますが、個別試験となる二次試験では各大学による難問を解く応用的力が科目ごとに必要となるため、医学部の受験は非常に難しいといわれるのです。国公立の医学部を受験される方は、高い基礎学力と応用にも対応できる幅広い知識を習得する事が重要な受験対策となります。