予備校のサポート

自分にあった予備校で勉強できているかどうか、これは医学部受験を成功に導く重要な要素です。予備校は合格実績に加えて指導がうまい講師がいることが求められますが、それだけではなく、どのくらいのサポートがあるのか、魅力的なサービスがあるのか、こうした面もしっかり考慮して選択すべきです。

医学部を目指す学生さんの場合、高校1年生から予備校を利用されるという方も多いので、長期的に見て安心してお付き合いできる予備校が理想です。最も重要とされる面談、この面談がきめ細やかに行われているかどうかを確認する事も大切です。

面談は講師にとっても重要な要素で、これから指導する生徒を把握しより良い指導ができるかどうかを知る大切な時間です。こうした時間をしっかり取っていない予備校は、ただ詰め込み式の勉強を行うだけです。合格させたいという気持ちを強く持っている予備校は、面談に力を入れていて、生徒一人一人に合わせた指導を考えてくれます。

予備校の中でも個別指導を行っているところが多くなっていますが、わからないことをそのままにしない指導、基礎学力を向上させるためのサービスがあるかどうかも、予備校選択のポイントとして比較検討材料に入れていおきましょう。