小論文のテーマとは

医学部の受験のポイントともなる小論文ですが、各大学によって小論文もテーマに違いがあります。医学部を受験し合格すれば、いずれ医師となり人の命を預かる立場になるのですが、幅広い知識を持っていることはもちろん、倫理的に正しい思考を持っていることも重要です。こうした豊かな思考、幅広い知識を持っているかを確認するのが小論文です。

そのため、受験生がどのような思考をもっているのか知るための小論文と、幅広い知識を持っているかを知るための小論文に、各大学で系統が分れます。小論文対策の第一歩としては、志望校の小論文がどういった傾向にあるのかを知る事から始めます。

受験生の思考を知る傾向にある場合、その時点で話題になっている医療関係の問題などについて小論文を書く練習をしましょう。例えば小児科医が少なくなっている状況についてや過疎化する地域の医療問題について自分なりの意見を小論文にします。

幅広い知識を持っているか試される小論文では、医療問題と共に地球温暖化の問題や高齢化社会について介護と医療問題などが出題される傾向があるので、医療とそのほかの問題をどう関連させて文章にするか訓練していきます。

小論文は必ず教師や予備校講師などに添削してもらい、自己満足で終わらないよう、繰り返し練習しましょう。